技術めいた何か

1人の大学生によるIT系の記事群

初めてXperiaアンバサダーミーティングに参加した話(Xperia X Performance)

久々の投稿です。

 

遡ること2週間ほど前、5/26(木)に品川の某所で行われたXperiaアンバサダーミーティングに参加してきました!

今回はXperiaアンバサダーミーティングを写真とともに振り返りたいと思います。

 

 

まず、イベント自体の感想について

率直にいうと楽しかったです。

こういった類のガジェット系のイベントは初参加でしたが、開発チームの方に直接質問することもでき大変充実した時間を過ごすことができました!

画像はXperia飯です(今回は和洋選べるお弁当でした!おいしかったです!画像は和)

 

f:id:atofaer:20160613224228j:plain 

質問したこと

・国内版の裏面の下部のコーティングについて

その部分がメタル仕様でないことについては発表時点で気になっていたので今回、質問しようと決めていました。

回答を要約すると、

「通品品質の向上のため。日本国内のユーザーの求める通信品質は海外のユーザと比べると高い傾向にあり、それを満たすため」

といった内容の回答をいただくことができました。アンテナ云々というのはなんとなくわかってはいましたが、、、仕方がが無いのでしょう。

 

・各キャリア(Docomo ,au,Softbank)のハードウェア仕様の違いはあるのか

回答を要約すると

「基本は同じ」

らしいです。あとは、通信の部分は各キャリア向けにチューニングをしているとのこと。

 

当日した質問は異常です。

 

 

以下スライドとコメント。

※スライドの写真は他社スマホで撮影したものです

 

 冒頭に、Xperiaのプロモーションの映像を紹介していただきました。

(映像はXperiaの宣伝Twitterの方で紹介されているものと同じです)

f:id:atofaer:20160613225610p:plain

 

 

 

次に、いままでのXperia ZシリーズとXシリーズの方向性の違いについて

f:id:atofaer:20160613224230j:plain

Xperia Xの3大特徴について

 

f:id:atofaer:20160613224232j:plain

ぶ、ブレブレ(泣)

 

加工は色によってヘアライン加工とサンドブラスト加工に分かれています。

ちなみに私が今回お借りしたのはサンドブラスト加工のものです。

 

f:id:atofaer:20160613224234j:plain

インセルタッチパネルによって全面ガラスのカラーリングが可能になったそうです

f:id:atofaer:20160613224235j:plain

 

 

お次はマシンスペックについて

CPUはZ5と比較して約2倍、GPUは1.4倍高速化(凄い)

さらに通信速度(Docomo)も

Z5: 225Mbps→ X Performance : 275Mbps と向上

f:id:atofaer:20160613224236j:plain

 

CPUの性能向上によってゲーム等のレスポンスも向上

 

f:id:atofaer:20160613224237j:plain

CPUの次はバッテリーについて

CPUのチューニングにより消費電力を大幅に削減したことにより日常使いに大幅に削減できているようです。

f:id:atofaer:20160613224238j:plain

 

バッテリーの充電についても新しいアルゴリズムの導入によってバッテリーの負荷を軽減

f:id:atofaer:20160613224239j:plain

 

放熱性能についてはChipと背面メタルの採用によって放熱性能がZ5と比べて30%向上

 

f:id:atofaer:20160613224240j:plain

 

次は、カメラについて!

インターフェースの説明等もありましたが私が特に気になったのは「オートフォーカス」について

イメージセンサから取得した情報から距離情報のマッピングを行うのですが、X Performanceでは新しい方式を採用し、オートフォーカスの性能を上昇させています。そのアルゴリズムの概要について説明をしていただけました(が撮影禁止なのでスライドはありませんごめんなさい)

写真のスライドはXperia Z5のものの説明です。

f:id:atofaer:20160613224243j:plain

f:id:atofaer:20160613224244j:plain

f:id:atofaer:20160613224245j:plain

f:id:atofaer:20160613224247j:plain

f:id:atofaer:20160613224248j:plain

f:id:atofaer:20160613224246j:plain

 

次はフロントカメラについてノイズ除去の技術によって暗いシーンでも鮮明な写真の撮影が可能

f:id:atofaer:20160613224251j:plain

f:id:atofaer:20160613224249j:plain

 

次は、ディスプレイについて

SONYブラビアで養った技術を用いることでディスプレイの色域を美しく表現

スライドにもあるようにOne SONYを目指したものであるとのこと。

f:id:atofaer:20160613224254j:plain

f:id:atofaer:20160613224257j:plain

f:id:atofaer:20160613224255j:plain

 

次は、オーディオについて、

f:id:atofaer:20160613224301j:plain

マイク穴の位置については天板と底面に採用することで、通話と動画撮影における集音の両立をしているそうです。

f:id:atofaer:20160613224302j:plain

 

また、ノイズリダクションについては新しいノイズキャンセリング技術によって微小なノイズを正確に除去

 

f:id:atofaer:20160613224259j:plain

Z5にもあったバイノーラル録音がチューニング見直しによって進化

 

グラフにするとこのようになるそうです。

f:id:atofaer:20160613224305j:plain

 

 

 

感想と気になった部分のスライドは以上になります。

本体のレビューについては次回ということで!